会社・仕事がツラいときは、誰かに相談しましょう!一人で悩まないでください

【失敗しない転職のために】読んでほしいおすすめ本を紹介!悩み別に解説します

【失敗しない転職のために】読んでほしいおすすめ本を紹介!悩み別に解説します転職

転職を考えたとき、

転職したいけど、失敗はしたくない…

なにか役立つ本はあるかな?

こんなギモンは出てきませんか?

そこでこの記事では、失敗しない転職のために、読んでほしいおすすめ本を悩み別にご紹介します。

「転職しようか迷ってる…」というときは、ぜひご覧ください。

◆次の会社を探したいときには、こちらの記事が参考になります。
・記事「失敗しない転職先の探し方・見つけ方!
・記事「派遣社員になりたいとき

【転職時のおすすめ本 1】転職を考えたらまず読んでほしい本

【転職時のおすすめ本 1】転職を考えたらまず読んでほしい本

まずご紹介するのは、「転職したい」と思った全員に読んでほしい本です。
「はたらくとき」にも役立つ考え方がのっていますので、転職しなくても役立ちますよ。

◆「自分がどんな仕事をしたいかわからない…」ときは、記事「「自分がどんな仕事をしたいかわからない…」ときはどうする?」が参考になります。

おすすめ本①:『科学的な適職』鈴木 祐・著

科学的な適職
出典:Amazon

転職したいなら、まず読んでおきたいのが『科学的な適職』。
ブログ「パレオな男」も人気で、「日本一の文献オタク」とされる鈴木 祐さんが著者です。

とにかく「転職するときの考え方」は、この1冊でOKといえるほど。
たとえば、コチラは「職業選択にありがちな7つの大罪」として紹介された内容です。

職業選択にありがちな7つの大罪
  • 大罪1:好きを仕事にする
  • 大罪2:給料の多さで選ぶ
  • 大罪3:業界や職種で選ぶ
  • 大罪4:仕事の楽しさで選ぶ
  • 大罪5:性格テストで選ぶ
  • 大罪6:直感で選ぶ
  • 大罪7:適性に合った仕事を求める
しゅう
しゅう

「えっ、ダメなの!」と思いますよね。
だからとりあえず読んで、この考え方を取り入れてみてください

おすすめ本②:『精神科医が見つけた3つの幸福』樺沢 紫苑・著

おすすめ本②:『精神科医が見つけた3つの幸福』樺沢 紫苑・著
出典:Amazon

「なぜはたらくの?」「幸せってなに?」と思ったら読んでほしいのが『精神科医が見つけた3つの幸福』です。

ちなみに答えはコチラ。

「なぜはたらくの?」→ ドーパミン的幸福を手に入れるため
「幸せってなに?」→ セロトニン・オキシトシン・ドーパミンという3つの脳内物質を分泌させること

著書は、精神科医であり、『ストレスフリー超大全』や『アウトプット大全』などのベストセラー作家でもある樺沢 紫苑さん

370ページほどある、やや厚めの本ですが、とにかくわかりやすく、読みやすい
「これから自分は、どうはたらくべきか」に気づかせてくれます。

しゅう
しゅう

「幸福を手に入れるために、何をすればいいか」まで具体的に書いてあるので、ひとつひとつを生活に取り入れてみてください

おすすめ本③:『自分の時間を取り戻そう』ちきりん・著

自分の時間を取り戻そう
出典:Amazon

ブログ「Chikirinの日記」も人気の社会派ブロガー ちきりんさんの『自分の時間を取り戻そう』。

この本では「生産性を高めることの大切さ」を教えてくれます

どうしても「生産性」と聞くと、「必要なのは工場の仕事では?」と思いがちですが、ちがうんです。
管理職にも、共働きの母親にも、フリーランスにも、起業家にも必要。

しゅう
しゅう

ちきりんさんのこの考え方を知ると、仕事も人生も変わります!

ラクに生きたいなら、必読ですよ!

◆「一点豪華主義の決め方」は、記事「一体みんなどうやって仕事探してるの…?失敗しない「仕事探しの方法」!」でご紹介しています。

【転職時のおすすめ本 2】転職すべきか悩んでいるなら

【転職時のおすすめ本 2】転職すべきか悩んでいるなら

次におすすめするのは、「転職しようか、どうしようか、迷う…」そんな悩みがあるときの本です。

おすすめ本④:『「嫌いっ!」の運用』中野 信子・著

僕の生活のスタンスは、

しゅう
しゅう

イヤなことはやらない

嫌いな人には会わない

です。
ですが、世の中は「好きなことを仕事に」という”はやり”があるせいか、「”キライ”を表に出さない、ガマンする」ことが当然のようになっています。

「嫌いっ!」の運用
出典:Amazon

そんな「キライ」の感情について、隠さなくても克服しなくてもいい
それどころか、うまく活用しようというのが、認知神経科学者である中野 信子さんの『「嫌いっ!」の運用』です。

しゅう
しゅう

もっと「キライ」の感情に気づくようにして、さらに生活のなかからドンドンなくしていきましょう

おすすめ本⑤:『超決断力』メンタリストDaiGo・著

超決断力
出典:Amazon

「決断することにも、スキルがあった!」ことをはじめて知りました。
メンタリストDaiGoさんの『超決断力』です。

決断にまつわる誤解から、決断力の高め方、決断のルール、決断力を上げる方法まで。
このスキルをもっておくと、のちのち役立ちますね。

ちなみに本によると、「転職したい」と思っても決断しきれないのは、「面倒だから」だそう。
そんなときは「専門家のアドバイスを参考にする」ことを勧めています

しゅう
しゅう

ダイエットにも使えるので、「やせたい…」と悩む方も、ぜひどうぞ!

【転職時のおすすめ本 3】次の会社はどこがいいのか迷っているなら

【転職時のおすすめ本 3】次の会社はどこがいいのか迷っているなら

次におすすめするのは、「転職したいけど、どの会社がいいんだろう…」というときに読んでほしい本です。

おすすめ本⑥:『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版』トム・ラス・著

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版
出典:Amazon

自分の強みを「見える化」してくれるツール「ストレングス・ファインダー」でおなじみの『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版』。

なお、この本は必ず新品を買いましょう。
1冊にひとつ「アクセスコード」がついており、このコードを使ってツールにログインできます。

「才能=生きやすい方法」ですので、「上位5位の資質」を知ることは、転職先を選ぶときの”ひとつの目安”になります

もちろん、絶対視することはありません。
でも「なんとなく、こういうことが得意だな」と思っていることを、具体的な「特性」として教えてもらうのもなかなかスッキリしますよ。

しゅう
しゅう

ちなみに僕の上位はこちらです
 ①回復思考

 ②慎重さ

 ③信念

 ④調和性

 ⑤原点思考

おすすめ本⑦:『50代からの稼ぐ力』大前 研一・著

50代からの稼ぐ力
出典:Amazon

アタッカーズ・ビジネス・スクール塾長の大前 研一さんの『50代からの稼ぐ力』。

書名から「20代~30代じゃあ、読んでもしょうがないかな?」と思うかもしれませんが、とんでもない。
はたらく人すべてが参考にしたい内容です。

これからどんなはたらき方をすればいいのか?
どうすれば定年後の不安がなくなるのか?

そんな、”答えがない時代」を生きるための能力はなにか?”がわかります。

しゅう
しゅう

こうした考え方をもった会社を、転職先に選びましょう。

でないと、これから生き残るのはキビシイでしょうね

内容がアップデートされた書籍がコチラ↓です。

【転職時のおすすめ本 4】フリーランスも考えているなら

【転職時のおすすめ本 4】フリーランスも考えているなら

最後におすすめするのは、「フリーランスってどうなんだろう…」というときに読んでほしい本です。

おすすめ本⑧:『サラリーマンかフリーランスか どちらが得だった?』山田 寛英・著

サラリーマンかフリーランスか どちらが得だった?
出典:Amazon

「フリーランスもいいかも…」と思う人には、公認会計士である山田 寛英さんの『サラリーマンかフリーランスか どちらが得だった?』がおすすめ。
このタイトルだけでも、スゴく気になりますよね。

「フリ−ランスは、いくら稼げばいいのか?」や「収入が不安定になるけれど、どうする?」などのギモンにも答えてくれます。

そして、サラリーマンとフリーランスは「会社を辞める・辞めない」というレベルではなく、「根本的な価値観の部分でちがう」ということも教えてくれました。

しゅう
しゅう

僕のように「もう組織ではたらきたくない!」と思ったなら、この本を読んで、フリーを目指しましょう

おすすめ本⑨:『世界一やさしいフリーランスの教科書 1年生』高田 ゲンキ・著

世界一やさしいフリーランスの教科書 1年生
出典:Amazon

「フリーランスを目指すなら、何をすればいい?」を、より具体的に教えてくれるのが『世界一やさしいフリーランスの教科書 1年生』です。

フリーランスの考え方から、なるために準備すべきこと、仕事のすすめ方まで、イラストレーターの高田 ゲンキさんが教えてくれます。

「フリーランスになりたいけど、イメージがわかない」というときは、この本を読みながら想像してみるといいですね。

しゅう
しゅう

細かい役立ちポイントがたくさんある本です。
国民健康保険の対策や、屋号のことが勉強になりました

まとめ:おすすめ本を参考に、ラクなはたらき方を考えてみましょう

この記事では、失敗しない転職のために、読んでほしいおすすめ本を悩み別にご紹介しました。

転職するのも、このまま会社にいるのも、フリーになるのも、何でも自由にできます。
おすすめ本を参考に、ラクなはたらき方を考えてみましょう。

◆次の会社を探したいときには、こちらの記事が参考になります。
・記事「失敗しない転職先の探し方・見つけ方!
・記事「派遣社員になりたいとき


タイトルとURLをコピーしました