会社・仕事がツラいときは、誰かに相談しましょう!一人で悩まないでください

【損しない・会社とモメない・円満を望む人向け】自己都合での退職手順を解説!

【損しない・会社とモメない・円満を望む人向け】自己都合での退職手順を解説!退職

ボーナスと退職金をしっかりもらって、「損せずに退職」するにはどうすればいいの?

会社とモメずに退職するには、どんな手順が必要なのかな?

このようなギモンをお持ちの方はいませんか?
会社を辞めたい」と思っても、やることがたくさんあり、何から手をつければいいのかわからなくなりますよね。

そこでこの記事では、「有給休暇をしっかり取得し、会社とモメずに、円満退職をしたい」方向けに、自己都合での退職手順を解説していきます。

「そろそろ会社を退職したいな…」と考えている方は、ぜひご覧ください。

◆「退職のルール全般」を知りたい方には、こちらの記事もオススメです。
・記事「退職ルールまとめ

  1. 【損しない・会社とモメない・円満を望む人向け】自己都合での退職手順を解説!
  2. 【退職の手順1】退職後にどうしたいのかを決め、家族にも伝える〈半年以上前〉
  3. 【退職の手順2】もろもろを確認し、退職のスケジュールを決める〈半年前〉
    1. 確認ポイント1.「ボーナス(賞与)」の支給要件
    2. 確認ポイント2.「退職金」の支給要件
    3. 確認ポイント3.退職する際には「何ヶ月前まで申し出るのか」と提出する書類
    4. 確認ポイント4.会社の繁忙期や、進行中のプロジェクト
  4. 【退職の手順3】上司に「退職したい」と伝え、有給休暇の消化も希望する〈3ヶ月前〉
  5. 【退職の手順4】退職が認められたら所定の書類を提出する〈3ヶ月前〉
  6. 【退職の手順5】「雇用保険被保険者証」と「年金手帳」があるか確認する〈2ヶ月前〉
  7. 【退職の手順6】※ 退職後の健康保険をどうするか決める〈2ヶ月前〉
    1. [退職後の健康保険1]在職中の健康保険の任意継続
    2. [退職後の健康保険2]国民健康保険への加入
    3. [退職後の健康保険3]家族の健康保険への扶養加入
  8. 【退職の手順7】後任者への引き継ぎを行い、取引先へあいさつする〈1.5ヶ月前〉
    1. 取引先へあいさつする
  9. 【退職の手順8】退職日まで有給休暇を取得する〈1ヶ月前〉
  10. 【退職の手順9】上司や同僚へあいさつする〈退職日当日その1〉
  11. 【退職の手順10】貸与されていたものを会社に返却する〈退職日当日その2〉
  12. 【退職の手順11】必要な書類などを受け取る〈退職日当日その3〉
  13. 【退職の手順12】※ 雇用保険の手続き:会社から離職票をもらい、ハローワークへ行く〈退職後できだけはやく〉
  14. 【退職の手順13】※ 健康保険の手続き:何らかの健康保険制度に加入する〈退職後20日以内〉
  15. 【退職の手順14】※ 年金の手続き:市区町村役場で国民年金に加入する〈退職後20日以内〉
  16. まとめ:手順を理解し、円満な自己都合退職を
  17. 参考文献

【損しない・会社とモメない・円満を望む人向け】自己都合での退職手順を解説!

【損しない・会社とモメない・円満を望む人向け】自己都合での退職手順を解説!

ボーナスや退職金をしっかりもらって損せず、会社とモメず、円満な自己都合での退職手順は、次のとおりです。
手順をとばしてしまうと「損をしたり、会社の不満を買ってしまう」こともありますので、注意しましょう。

  1. 退職後にどうしたいのかを決め、家族にも伝える〈半年以上前〉
  2. もろもろを確認し、退職のスケジュールを決める〈半年前〉
  3. 上司に「退職したい」と伝え、有給休暇の消化も希望する〈3ヶ月前〉
  4. 退職が認められたら所定の書類を提出する〈3ヶ月前〉
  5. 「雇用保険被保険者証」と「年金手帳」があるか確認する〈2ヶ月前〉
  6. ※ 退職後の健康保険をどうするか決める〈2ヶ月前〉
  7. 後任者への引き継ぎを行い、取引先へあいさつする〈1.5ヶ月前〉
  8. 退職日まで有給休暇を取得する〈1ヶ月前〉
  9. 上司や同僚へあいさつする〈退職日当日その1〉
  10. 貸与されていたものを会社に返却する〈退職日当日その2〉
  11. 必要な書類などを受け取る〈退職日当日その3〉
  12. ※ 雇用保険の手続き:会社から離職票をもらい、ハローワークへ行く〈退職後できだけはやく〉
  13. ※ 健康保険の手続き:何らかの健康保険制度に加入する〈退職後20日以内〉
  14. ※ 年金の手続き:市区町村役場で国民年金に加入する〈退職後20日以内〉

ちなみに手順に記載された〈 〉は「退職日から逆算した日程」、は「退職後すぐに就職するときは不要な手順」です。

次項から、各手順をくわしくご紹介していきます。

また、参考になる過去記事のリンクも貼りつけていますので、「くわしく知りたい」というときはぜひご覧ください。

【退職の手順1】退職後にどうしたいのかを決め、家族にも伝える〈半年以上前〉

まずは、退職したい時期から半年以上まえの時点で「退職後にどうしたいのか」を明確に決めましょう
転職するのか、起業するのか、フリーランスになるのか、主婦(夫)になるのか。

そして必ず家族に伝えてください
ナットクしてもらえるまで説明して、できれば家族が了承することが理想です。

しゅう
しゅう

僕は一度、子どもが小さい頃に(元)妻に相談せず退職して、そこから「しこり」が残りました…。

また、どの道に進むとしても、「退職前に確定させる」ことをおすすめします。
転職先などが決まってから退職すると、自分も家族も安心して、ココロに余裕ができます。

【退職の手順2】もろもろを確認し、退職のスケジュールを決める〈半年前〉

次に、以下の項目を確認して「だいたいこの月で退職したい」という、スケジュールを決めていきます。

  1. 就業規則や賃金規定などで「ボーナス(賞与)」の支給要件を確認
  2. 就業規則や賃金規定などで「退職金」の支給要件を確認
  3. 就業規則などで、退職する際には「何ヶ月前まで申し出るのか」と提出書類を確認
  4. 会社の繁忙期や、進行中のプロジェクトがないかを確認

確認ポイント1.「ボーナス(賞与)」の支給要件

せっかくなら、損せず退職したいですよね。
そのためには、「ボーナス(賞与)」や「退職金」を確実にもらってから、退職しましょう。

なお、「ボーナス」の支給は、法律で決まっているわけではありません。

そのため「一切支給しない」ことも、「支給日に在籍していなければ支給しない」ことも、「退職する場合は減額する」ことも会社次第。

ただし「支給日に在籍が条件」や「減額」などを行うには、会社が就業規則や賃金規定などに、ルールを規定しておく必要があります。

しゅう
しゅう

そこで「ボーナス」について、どんな社内ルールがあるのか確認してください。

もしも「退職する場合は減額する」といった意味の規定(こんな直接的に書くことはないですが)があるなら、ボーナスが支給後に「上司に退職を伝える」ことをおすすめします。

確認ポイント2.「退職金」の支給要件

退職金」もボーナスと同様に、法律で支払いが義務づけられているわけではありません。

そのため「支給額」や「対象者」なども、会社が自由に決めていいのです。

しゅう
しゅう

勤務する会社の「退職金」支給ルールを見て、自分が退職金をもらえるのかを確認しましょう。

就業規則や賃金規定などで、確認したい「退職金」の支給要件は次の4点です。

  1. 対象者:契約社員やパート社員には支給されないことが多い
  2. どんなとき:一定の勤続年数が要件の場合が多い
  3. いくら:退職金の計算方法
  4. いつもらえるか:退職後何日以内に支払われるか。遅れた場合に会社に催促するため

たとえば「5年以上勤務した場合に支給する」と規定されており、現在「4年半勤務」であれば、「あと半年してから退職する」などで対応しましょう。

確認ポイント3.退職する際には「何ヶ月前まで申し出るのか」と提出する書類

会社のルールとして、退職する際には「何ヶ月前まで申し出るのか」と「どんな書類を提出するのか」を確認します。

実は法的には、「退職の2週間前」までに申し出ればOKです(無期労働契約の場合)。
でもそれでは引き継ぎもできず、とても「会社と円満に」とは行きません。

しゅう
しゅう

そのため、「会社ルール」に合わせることが無難です。

「会社ルール」にもとづいた退職の申告を行えば、上司も納得せざるを得ないため、「退職は認められない」とする可能性も低くなります。

また会社によって、退職時に提出する書類や、提出するタイミングが決まっていることも。
就業規則などで、どんな「退職のルール」があるのかを、しっかり確認しましょう。

確認ポイント4.会社の繁忙期や、進行中のプロジェクト

円満退社を望むなら、会社の繁忙期の退社は避けましょう
数年勤務していれば、「毎年◯月~◯月は忙しいな」という時期はわかりますよね。

また、あなたが関わる進行中のプロジェクトがあるのなら、ひと段落する時期を確認してください。

繁忙期や進行中のプロジェクトがあると、上司から退職が認められず、モメてしまうことも。

退職を円満に進めるには、適切な時期を選ぶことも大切です。

【退職の手順3】上司に「退職したい」と伝え、有給休暇の消化も希望する〈3ヶ月前〉

おおよその退職時期が決まり、その3ヶ月ほど前になったら、直属の上司に「退職したい」ことを直接伝えます

会社に「所定の書類やルール」がなければ、退職希望日を記載した「退職願」を提出してください。

しゅう
しゅう

このとき、退職の時期はあくまで「要望」として伝えましょう。

具体的な退職時期や、退職までの手順は、上司としっかり話し合って決めます。

またここで「有給休暇を消化して退職したい」ことも伝えましょう。

退職まで引き継ぎを行う期間があり、繁忙期などを避けた時期であれば、有休の全消化も認められやすくなります。

ちなみに退職願は市販の封筒などで大丈夫ですが、こちらのセットなら「退職願用便せん」や「郵送時添え状」まですべて揃っているので、おすすめです。

【退職の手順4】退職が認められたら所定の書類を提出する〈3ヶ月前〉

退職が認められたら、会社の「退職についての所定の書類」を提出します。
所定の書類がなければ、「退職届」を上司に提出しましょう。

「退職の書類」が受理されたところで、会社はあなたの退職の手続きを開始します。

【退職の手順5】「雇用保険被保険者証」と「年金手帳」があるか確認する〈2ヶ月前〉

退職日の2ヶ月前になったら、「雇用保険被保険者証」と「年金手帳」がどこにあるか確認しましょう。

雇用保険被保険者証
雇用保険被保険者証(出典:ハローワーク
年金手帳
年金手帳(出典:日本年金機構

この2つは、本来は「入社後の手続きが終わったら、すぐに本人に返却する」とされているのですが、入社書類として保管し続けている会社もあります。

しゅう
しゅう

もし会社で保管していれば、それでOK。ですが「手続き後に返却したよ」と言われたなら、すぐに家を探してください。

見つからないなら、その時点で再発行を行います。

「雇用保険被保険者証」の場合は、会社の人事など「雇用保険担当者」に再発行を依頼。
「年金手帳」なら、同様に会社の人事など「社会保険担当者」に再発行を依頼してください。

【退職の手順6】※ 退職後の健康保険をどうするか決める〈2ヶ月前〉

(※退職後すぐに就職する人は不要)

日本では「国民皆保険制度」をとっているため、必ず何らかの健康保険制度に加入しなければなりません。
退職後に、どの健康保険制度を利用するかを決めておきましょう。

候補としては次の3つ。
扶養家族の有無などで保険料が変わるため、一番安い制度に加入することを目指しましょう。

退職後の健康保険
1.在職中の健康保険の任意継続
2.国民健康保険への加入
3.家族の健康保険への扶養加入

[退職後の健康保険1]在職中の健康保険の任意継続

任意継続」とは、あなたの会社の健康保険に引き続き加入することで、加入できる期間は最長2年です。

ただし加入するには、次の条件のどちらも満たす必要があります。

  1. 退職日までに「継続して2ヶ月以上の被保険者期間」がある
  2. 退職日の翌日から「20日以内」に申請する

また保険料は、いままで会社が払ってくれていた分を負担するため、単純に「在籍中の倍額」です。

ただし、就職してほかの健康保険に加入したときや、一度でも保険料の未納があったときは、その時点で資格を喪失します。

「任意継続」に必要な書類は、会社の人事部で入手できます。
「退職することを話して良い時期」になったら、確認しましょう。

[退職後の健康保険2]国民健康保険への加入

あなたが住む市区町村役場が行う「健康保険」が、「国民健康保険」です。

保険料は市区町村によって変わり、本『世界一やさしいフリーランスの教科書1年生』によれば、最も高いのは「広島県広島市」で、最も安いのは「静岡県富士市」。

加入する家族の人数などによっても変わりますが、「広島市」の保険料は、「富士市」の倍!というデータも。

あなたの保険料がいくらになるかは、お住いの地域と加入する家族の人数、前年の所得によって変わります。

お住まいの市区町村役場に問い合わせてみるか、地区のホームページで参考額が出ているかチェックしてみてください。

ちなみに江戸川区では、保険料のシミュレーションが行なえます。

・江戸川区国民健康保険料シミュレーション

[退職後の健康保険3]家族の健康保険への扶養加入

3つめの方法が、あなたの家族が加入している健康保険に「被扶養者」として加入することです。

しゅう
しゅう

もし働いている家族がいるなら、これが一番おすすめ!あなたを扶養にしても、家族の保険料は変わりませんので。

ですが家族が働いていない、または働いているけれど「就業時間が短い」などで会社の健康保険に加入していない場合には、「被扶養者」になることはできません。

【退職の手順7】後任者への引き継ぎを行い、取引先へあいさつする〈1.5ヶ月前〉

上司から指示があった時点で、後任者への引き継ぎを行います。

また、引き継ぎは口頭だけでなく、「引き継ぎシート」といった書面を作成して渡すことがおすすめ。

これは「引き継ぎを行わなかった」という場合には、損害賠償請求をされる可能性もあるためです。
のちにモメた場合でも、「引き継ぎシート」があれば「この書面を使用して引き継ぎは行った」と言えます。

なお、上司からの許可があるまで、同僚に対しても「退職する」ことはヒミツにしておきましょう。

しゅう
しゅう

うっかりしゃべってしまうと、噂が取引先に届くことも。すると「退職する人が担当とはどういうことだ」と、会社の信用問題に関わります。

取引先へあいさつする

その後、後任者を連れて、正式に取引先へあいさつしましょう。
転職後などに、取引先とのつながりが役立つこともありますので、感謝のキモチをこめてあいさつします。

もし退職するあなたが”役職アリ”の場合は、取引先にはできるだけ「挨拶状」を送りましょう。
先方の担当者と会えなかった場合でもごあいさつができますし、「あの人はしっかりしている」という印象を残せます。

なお、こちらのサイト挨拶状ドットコムなら、文例が200種以上準備されているため、時間をかけずに挨拶状を作成・印刷できておすすめです。

【退職の手順8】退職日まで有給休暇を取得する〈1ヶ月前〉

引き継ぎが問題なく済んだところで、上司と相談して、退職日まで有給休暇を取得してください。

しゅう
しゅう

せっかくですからのんびりしてもいいですが、退職後のことを考え、転職などの準備を進めておきましょう。

【退職の手順9】上司や同僚へあいさつする〈退職日当日その1〉

いよいよ退職日当日です。

まずは上司や同僚へあいさつしましょう。
イヤだと思っていた上司でも、最後だと思えば、ふつうにあいさつができるもの。

しゅう
しゅう

会えなかった場合は、メールをしておくか、メモを置いておきましょう。

【退職の手順10】貸与されていたものを会社に返却する〈退職日当日その2〉

次に、こちらのような「会社から貸与されていたもの」を、まちがいなく返却しましょう。

会社へ返却するもの 例)

  1. 健康保険証(家族全員分)
  2. 社員証、名刺
  3. 制服、作業服
  4. 文房具などの備品
  5. 業務内で交換した名刺
  6. 会社の資料
  7. 通勤定期(払い戻しできるときは、精算して会社に返戻する)
  8. 経費等の精算

上記3の制服や、4の文房具は、社内でたとえ自分しか使っていなくとも、会社の備品です。
自分で購入したノートなど以外のものは、ちゃんと返却してください。

5の名刺や、6の資料などは持って帰ってしまいそうですが、あくまでも会社の機密事項です。
もし「転職後に連絡したい」という場合には、名刺の連絡先をメモするまでにしてください。

しゅう
しゅう

「経費を立て替えたままにしていないか」をよく思い出して、8の経費精算まで終わらせましょう。

【退職の手順11】必要な書類などを受け取る〈退職日当日その3〉

退職日には、会社から受け取るものもあります。
退職後の手続きに必要な書類ばかりですので、しっかり確認して受け取りましょう。

退職時に会社から受け取るもの
1.雇用保険被保険者証
2.源泉徴収票
3.年金手帳
(4.離職票-1,2 )

なお離職票は、退職後すぐにべつの会社に就職する場合は不要です。

また必要な際でも、「退職後10日ほど」で渡されますので、会社に「何日くらいかかるか」を聞いておくと確実です。

「雇用保険被保険者証」と「年金手帳」は、【手順5】で解説のとおり、入社後にすでに返却していることもあります。

【退職の手順12】※ 雇用保険の手続き:会社から離職票をもらい、ハローワークへ行く〈退職後できだけはやく〉

(※退職後すぐに就職する人は不要)

離職票-1
離職票-1(出典:ハローワーク
離職票-2
離職票-2(出典:ハローワーク

会社から「離職票-1,2」をもらえたら、できるだけ早くハローワークに行き「求職の申込み」を行います。

会社は、社員が退職したら「離職証明書」を10日以内にハローワークに提出しなければなりません。
そして「離職票-1,2」が発行されるので、「10日前後」ほどでもらえるはずです。

もし2週間を過ぎてももらえないときには、会社に連絡しましょう。

【退職の手順13】※ 健康保険の手続き:何らかの健康保険制度に加入する〈退職後20日以内〉

(※退職後すぐに就職する人は不要)

上記の【手順5】で決めた「退職後の健康保険」に加入します。

「任意継続」なら退職日の翌日から20日以内、「国民健康保険」なら14日以内に手続きをしなくてはなりませんので、早めに済ませましょう。

【退職の手順14】※ 年金の手続き:市区町村役場で国民年金に加入する〈退職後20日以内〉

(※退職後すぐに就職する人は不要)

退職日の翌日から14日以内に、あなたが住んでいる市区町村役場に行き、国民年金に加入します。

この手続に「年金手帳」が必要ですので、失くしていた場合は再発行をしておきましょう。

まとめ:手順を理解し、円満な自己都合退職を

この記事では、「有給休暇をしっかり取得し、会社とモメずに、円満退職をしたい」方向けに、自己都合での退職手順を解説してきました。

あくまでもご紹介した手順は、モメないための最小限の手順です。

会社には独特のルールもありますので、そこまでしっかり理解し、円満な自己都合退職を目指しましょう。

◆「退職のルール全般」を知りたい方には、こちらの記事もオススメです。
・記事「退職ルールまとめ

◆「会社のトラブルや仕事の悩みはどこに相談すればいい?」という方には、こちらの記事がおすすめです。

参考文献

この記事では、下記の書籍を参考にさせて頂いております。

  • 書籍 花本明宏ほか・著『会社を辞めるときの退職手続きのすべて』ぱる出版
  • 書籍 島田弘樹・著『図解でわかる退職マニュアル』ぱる出版

タイトルとURLをコピーしました